順位変動発生*Googleモバイル フレンドリー アップデート

FavoriteLoadingあとで読む

遂にモバイル検索結果の順位変動が発生

今までも言われてきたことですが、PCの検索結果とスマホの検索結果にランキングの差が出るようになったとの公式発表がでました。簡単に言うと、スマホ向けサイト表示をしていないサイトの順位よりも、スマホ対応サイトのスコアの方が優位となり、ランキングアルゴリズム上、順位が上昇する傾向になるとのこと。

ウェブマスター向け公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/04/rolling-out-mobile-friendly-update.html

今回のアップデートの特徴

  • 携帯端末での検索の掲載順位にのみ影響する
  • 世界中のすべての言語で検索結果に影響する
  • ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となる

順位が動いたら確認しておきたい項目

以下、スマホの検索結果が動いて順位が下がったりしたときに確認してみてほしい項目をまとめました。

  1. スマホ向けサイトはあるか
  2. レスポンシブ デザイン レイアウトか
  3. モバイル フレンドリー テストに合格しているか
  4. sitemap.xml はどうなっているか
    1. レスポンシブの場合: 通常通り1つでOK
    2. モバイル版URLが別の場合: PC用にalternate属性でスマホURLを入れる
  5. スマホサイトURLはPCと同じか
    1. 同じ: 特にHTML内を編集する必要なし
    2. 違う: 以下のようにPC側に記述(スマホ側は逆)

<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”http://m.yourdomain.jp/” />
<link rel=”alternate” media=”handheld” href=”http://m.yourdomain.jp/” />

Canonical 属性も設定する必要あり。

スマホとPCでURLが異なる場合などには、スマホ側からPC側に向けた、canonicalの挿入が必要になります。ただし、注意したて欲しいこととして、「PCはPCのURLにCanonicalを必要に応じて入れる」という部分は従来通りですので、ソースの編集を行う際には、間違えの内容にご注意ください。

ウェブマスターツールの対応は大丈夫ですか?

スマホサイトが、PCサイトとは「別ディレクトリ」もしくは「サブドメイン」で運用されている場合、後者であるサブドメインだけはGoogle ウェブマスター ツールにサイト登録が必要です。サブドメインは、独自ドメインと同じというのがGoogleの評価ですので、きちんと登録することで存在を認知してもらいましょう。ただし、その場合に送信するサイトマップ(.xml)は、PC/スマホ対応のものが理想です。

しかし、それぞれを別に作成しても有効です。