IKEA食用アメリカザリガニ~通販のウチダザリガニ発見までの逸話

イケアのザリガニパーティー

IKEA (イケア) といえばスウェーデンに本部を置く、欧州家具と雑貨の大型販売店舗ですが、その中にフードコートがあり8月から9月上旬に渡り『ザリガニ・パーティー』なる祭りを開催していることをご存知でしょうか。ザリガニですよ!食べるんですよ!日本でも昔はザリガニを食す文化がある地域もあったそうなのですが、釣り吉の私でも、流石にザリガニを食べるという経験はしたことがありませんでした。

IKEAでは食用のアメリカザリガニ(中国産)を提供

イケアフードコートのエントランス

IKEA (イケア) で提供していたのは中国産の食用アメリカザリガニ。
店内フードコートで、パエリアとして提供していたという情報が身内から入り、聞いたよく週末には早速、イケアのフードコートを訪ねてみました。食べられること自体は、タレントのLiLiCoさんが出演されていたテレビ番組で拝見したことがありましたが、それはスウェーデンでの話。

まさか、日本国内でザリガニを食べることができる店があるだなんて、知る由もありませんでした。

IKEAで食用ザリガニを購入して自宅でもパーティー!!

ザリガニ・パーティー開催

イケアのフードコートで食べた食用ザリガニの味が忘れられず、後日、冷凍のザリガニ(通称:マッカチン)を購入すべく店舗に足を運んで購入。価格は2500円位だった。重量は1kg程度で22匹の食用ザリガニが、緑色のトレイの中に所狭しと並んでいる様子を見た瞬間、「これから、こいつらを食すのか…」と、一瞬、ひるんでしまうほどビッシリと綺麗に整列させられているマッカチン!

日本へは、戦時中のアメリカ軍が食用として持ち込んだアメリカザリガニが、日本全国にて繁殖した背景があり、日本固有種を食い殺してしまう外来種として駆除対象となってきたらしい。

しかし!今回は、そんなことにかまってはいられない。見た目はアメリカザリガニそのもの。味は伊勢海老とカニを掛け合わせたような美味であることを知ってしまった以上は、「食べない」という選択肢が無い!さあ、イザ!!ザリガニパーティー!!ということで、お皿に綺麗に盛り付けて、いただくことにしました。写真はその時の様子。

食用ザリガニの通販を探してみた

イケアの冷凍ザリガニパッケージ結果、綺麗に完食したイケアのアメザリ(中国産)。どうやら、氷の中にはオリーブオイルが入っていたらしく、生臭さは皆無。ただし、匂いに敏感な方であれば、何かしらザリガニ固有の匂いのようなものを感じるかも知れないので、無理にはお勧めできない。

それにしても美味しい!もっと食べたい!しかも更に大量に安定して手に入れる方法はないのか。

気になって仕方ないので、Google先生に尋ねまくってみると、、、どうやら、阿寒湖漁業協同組合という団体が、駆除目的で「ウチダザリガニ」という外来種を通販にて販売しているらしい。

 

阿寒湖漁業協同組合が通販でウチダザリガニを販売

阿寒湖のウチダザリガニ通販ページ阿寒湖の漁協がウチダザリガニという外来種をボイルして通販しているという状況をキャッチした筆者。食い入るようにしてウェブサイトを隅から隅まで確かめる。そして確信したことは、アメリカザリガニよりも、遥かに強そうでグロテスクであるという事実。

しかし!そんなことで屈するわけにはいかない。

と思いつつも、イケアのザリガニの味が忘れられない。しかも、イケアでは8月下旬で販売を停止。旬の食材では無くなるということなのか。フードコートは一変し、ザリガニ色は全く無くなるっているのが寂しい。しかし、なかなか購入する勇気が出ないので、もう少し調べてみることにした。

だって、おなか壊したりしたら困るし、他にもイケアのザリガニみたいなのが存在するかもしれないから。(言い訳)数々のゲテモノを食べてきた筆者でさえも、実は怖かったりする。

ウチダザリガニって何なの?

ウチダザリガニの生体よりも「食べられるの?」という疑問のほうが大きい。もちろん、漁協が通販しているのだから、手放しで信頼すべきなのかもしれないが、念のためWiki Pediaさんに聞いてみた。以下、引用抜粋。

北アメリカやヨーロッパでは食材として漁獲や養殖がおこなわれ、高級食材であるヨーロッパザリガニの代用とされている。料理は主に煮たり、焼いたりして、フランス料理のソテーやスープなどにし、それは美味であるという。ザリガニはフランスではエクルビスと呼ばれ、フランス料理では一般的な食材として扱われる。しかし他の淡水動物と同様に、本種は寄生虫(ジストマ)の中間宿主となるので、生食や過熱不十分な物を摂食した場合に寄生虫症に感染するおそれがある。

リソース元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%80%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8B

ウチダザリガニ by.WikiPedia

読んでいただけたでしょうか!?なんと!ウチダザリガニは高級食材とのこと。おお!これは買う以外に選択肢は無くなった。後日、リポしたいと思いますのでこうご期待。ということで、ウチダザリガニは、イケアのアメリカザリガニ同様に食すことが可能という結論に至った。

三度しかし!!毎回購入しているわけにはいかない。貧乏サラリーマンの筆者には毎回、通販で購入するほど、お小遣いに余裕はありましぇ~~んということで、「釣れないか?」という疑問も湧いてきたいので、やっぱり調べてみたところ、福島県裏磐梯でウチダザリガニ釣りなるイベントが堂々と開催されているという情報をキャッチ。

動画をアップしている方がいらっしゃったので、勝手に紹介してみる。

福島県裏磐梯でウチダザリガニ釣り?動画

釣りに必要な道具は「竹竿/タコ糸/スルメイカ」と、いたってシンプル!これなら筆者にもできる!それにしても、この動画のお兄さんがファンキーな点に、親近感が湧くのは私だけだろうか。動画再生開始から1分30秒のあたり。ちょっとまてよ。こんなにゴッツいのか!?そして2分13秒、これはサソリじゃないか!?なんて強そうなんだザリガニ君。

このままいってしまうと、完全に実況中継になりそうなので、とにかく再生してみて欲しいっす。

という具合に、イケアのザリガニにインスパイアされ、できるだけ長い期間、スウェーデンの祝い事で食される高級食材「ザリガニ」を安定的かつ安価に入手できる方法を探してきましたが、記事は、ここでThe END。

まとめ

結果的に、IKEA(イケア)が毎年、8月に開催している、母国スウェーデンの一大イベント「ザリガニパーティー」を日本で安定的に行うためには、阿寒湖漁業協同組合が展開しているECサイトで購入するか、福島県裏磐梯で開催されているウチダザリガニ釣りのイベントに行くというのがベターであるということが、なんとなくわかってきた。

それにしても、これほど印象的で、忘れられない食材が他にあるだろうか。

まだ、ザリガニを食べたことが無いという方は、是非とも8月開催のイケア「ザリガニパーティー」に足を運ぶか、スウェーデンまで行ってみて欲しい。(遠いな!)それではアディオース!!